炭化装置BT-200

TOP > 環境部門 > 炭化装置BT-200

炭化装置BT-200

特徴

  • 紙オムツなどの廃棄物を85~95%と大幅に減容します。
  • ダイオキシン等の有害物質は発生しません。
  • マイコン制御で、ワンタッチの簡単操作を実現しています。
  • 短時間で高速炭化するので完全滅菌が可能です。
  • 5重の安全装置で、安全対策は万全です。
  • コンパクトで場所をとりません。
  • 申請、許可等の手続きが一切不要です。

動画で見る 炭化装置
ダイオキシン類 濃度測定結果
規制対象値
項目 単位 法廷基準値 分析結果
総ダイオキシン類濃度(排ガス) ngTEQ/m3N 5 0.0017
窒素酸化物濃度 ppm 230 67
硫黄酸化物濃度 Nm3/h 13 0.00042
塩化水素濃度 mg/m3N 700 2.8以下
(炭化物)総ダイオキシン類濃度 ngTEQ/g 0
ばいじん濃度 mg/m3N 0.25 0.003
炭化に要する時間・・・実測値
  生ゴミ・紙オムツ
炭化工程時間 6Hr~15Hr
冷却工程時間 1.5Hr~2Hr
減容率 85%~95%
操作フロー

取扱いが容易で使用済み紙オムツを大幅に減容出来ます。

円形で大きい投入口で紙オムツの投入に最適です。

【処理できないもの・・・・・・】
金属、ガラス、土砂、コンクリート類
【投入不可・・・・・・】
ガスボンベ、スプレー缶、火気缶類、排プラ類

パネルに各種モニター機能を表示
温度管理・撹拌条件・時間管理・アラーム警報

 
仕様書
  BT-200
処理量 (kg・リットル/回) 150kg
処理時間(h) 7~15時間
本体重量(kg) 1400
寸法 外形寸法(mm) 〔帽1900〕×〔奥1050〕×〔高2010+排気筒660〕
投入口寸法(mm) 550
炭化槽容量(L) 400
燃料 JIS 1号灯油(L/h) 5.5~6.5(バーナー2基)
仕様 電圧(相-V)(kw/h) 3相-200V 1kw/h(接続線2f以上使用の事)
電力 撓拌モーター(kw) 0.4
ブロアー(kw) 3基 0.3